「〇〇はクソ」って言うけれど…

インターネットやってるとこういう意見,目にしますよね.
〇〇にはマスコミ・掛け算の順序・フェミニストなどなど何でも入っているような気がします.
この記事ではこういった意見を目にしたときに自分がよくやる「思考のくせ」みたいなものを三点紹介したいと思います.

(比較的)いい面を考えてみる

一点目は〇〇が為してきた功績やよい点を考えてみるということです.
例えば,自分は週刊誌のことを下劣だとは思っていますが,彼らが「スクープ」を行ってきたことも確かです.

もしくは〇〇が無くなったときのことを考えてみるのもいいでしょう.
マスコミの報道でミスリーディングな見出しが物議を醸すことはままあることですし,テレビの疑わしい健康情報が残念な帰結を産んだこともあります.
だからといって,マスコミに「取って代わる」ようなものがあるかというと難しいでしょう.
例えば,日常的にデマを撒いてるまとめサイトやアルファツイッタラーに人々が情報を頼るようになるというのは望ましくありません.
その点でマスコミは「マシ」な選択肢であると言うこともできるでしょう.

期待を下げる

二点目は,他人にあまり期待しすぎないことです.スタージョンの黙示(法則)なんて言葉もありますね.
例えば,日本に記者は2万人近くいるようです
それだけいたらクズやバカぐらい…いてもおかしくないでしょう.組織だってダメダメなものです.
もしくは悪意が無くとも単に運が悪かったケースも存在しているように思われます.

この考え方が有効なのは特定の主義を叩いているケース(Toggetterまとめのリンクがついていることが多い)でしょうか.
結局のところ,あらゆる主義の元にはあらゆる程度の人間が集まるのであり,ひどい意見は探そうと思えば見つかるものです.
これらはリツイートまとめサイト,場合によっては伝統的なマスコミを通じて拡散していきます.
すると,外部の人間にとってあたかも〇〇主義にはどうしようもない人たちばかり集まっているように見えてしまうのです.
しかし,そのような見方は極端に過ぎるでしょう.主流派の考え方は穏当かつ現実的なことが多いものです.
そういった真っ当な意見を仕入れるためには,入門書のようなまとまった文章を読むのがよいでしょう.

これらの考え方に共通しているのは,〇〇を単一の存在とみなすのではなく,もっと複雑でゆるやかな集まりと捉えることです.
「マスコミ」「右翼」「左翼」「在日」というものが存在して人格を持っているわけではありません.
それらは多くの人から構成されていて,彼らには日々の生活がありますし,〇〇も彼らを構成するたったの一面にしか過ぎないのです.
やることなすこと上手くいくこともあれば失敗もあります.場が変われば適応に困ることもあるでしょう.
彼らは日々大したことないことで笑ったり泣いたりしていて,我らの社会の大事な仲間なのです.

こういった「思考のくせ」を通じて,自分はインターネットによくある批判を「極端だな」「建設的でないな」とみなすことが多いです.
けれども,自分はそれで怒りを覚えたりするのではなく,どちらかというと諦めに似たような感情を抱くようにしています.
なぜかというと…

裏にある気持ちを理解する

彼らの裏にある気持ちも理解できるからです.

例えば,スキャンダルに触れ続けた結果マスコミを信頼できなくなるという気持ちは理解できます.
もしくは,露骨なイラストを見て思わずぎょっとしたり何か大事なものが冒されたように感じてしまうというのも理解できることです.
そして,いきりたった人間というものは理にかなっているとは限りません(期待を下げる).

ですから,インターネットにおける行き過ぎた意見は,不信感や不安・怒りの表明であると捉えると納得がしやすいです.
文面自体はある意味どうでもよいのです.それらはきっと自身の意見を正当化するような頭のはたらきによって生み出された何かでしょう.

この考え方は人の内面を勝手に推測し押し付けているようなものです.それは不正確で望ましくないと思うかもしれません.
けれども,典型的な批判ツイートに関してはあながち的外れではないと考えています.
少なくとも,批判を目にしたとき,自分が批判をしたいと感じたとき,その元となった感情の動きを理解しようと努めてみるのはよいのではないでしょうか.

今までの社会はクソで,それは今も変わりません.これからもクソであり続けることでしょう.
けれども我らは社会をよくし続けてきたことでしょう.それは今だって可能ですし,これからだって続けていくべきです.
ひどい意見が見つかって拡散して炎上して…という流れは残念なものです.社会の中には現実的な意見を構築している人,現地で改善の努力をしている人がいます.
やっていきましょう.

みんな○○好きねえ

インターネット大盛り上がりに乗れないことがままある.
悲しいね

乗れなかったなリスト:

世代,なのかなあ.でも同世代がハルヒでワイワイしているのを横目でふーんと眺めてるのあったぞ.
別に波に乗る必要は無いし,ぼくの中で盛り上がっていることも他人からすればふーんなんだろうけど
TwitterのオタクどもがキャッキャッしてたりVTuberが話題に出したりをただ見ているしかできない,というのはどうも寂しい.

どうしようもなくnaive realism

「分かりづらいツイートして満足してないでブログに書け(大意)」とのことなので書きました

実在論(realism)

実在論とは,対象が我々の外部に独立して存在するという主張である.
我々は普段目に映ったり耳に聞こえたりするものが本当に世界に存在すると感じながら生きている.
例えば目の前のパソコン・もたれかかっている椅子・窓の向こうの月や画面の先のVTuberは「実在」しているのだ.
このような人間にとって自然な認知の仕方は素朴実在論(naive realism)と呼ばれている.

当然,実在論に対して反対する立場も存在する.
とくに科学哲学の分野では,科学が対象とするもの(原子など)が実在すると主張する科学的実在論反実在論の争いが続いている.
悲観的帰納法なんかは面白く,科学の発展において存在しない/正しくないと明らかになった対象(燃素とか)について帰納的に考えることで反実在論を主張している.

この記事を書いた理由は上に上げたHacker Newsで「数学(やその定理)は発見されたものだ!」と繰り返し主張している人が居たから.
この人は数や定理・数学的構造といったものが我々と独立して存在しており,それを人間が発見するという活動が数学であると考えている訳なので,実在論者である.
反対に「数学は発明されたものだ!」と言っている人も居る.この人たちにとっては数学はある意味人間(の社会的インタラクション)によって構築されたある種の知的ゲームであり,実在していない.
HNの人たちは発見発明と同じことを繰り返すばかりで話が進まないのだが(悲しいが良くあることだ),その背景にはこのような哲学的立場の違いがあるわけだね.

ハッキング『数学はなぜ哲学になるのか』では,なぜ数学にこのような哲学的論争が発展する余地が生じているのかを描き出していて面白い.
特に本書で提示される「デカルト的証明」と「ライプニッツ的証明」の区分けなんかは感心したものだ.

数学はなぜ哲学の問題になるのか

数学はなぜ哲学の問題になるのか

ちなみに,自分は反実在論寄りの立場である*1
でも卯月コウも赤月ゆにも実在してるんだよなあ.どうしようもなくnaive realismってワケ.

*1:例えば,いわゆる数学の基礎にも様々なバージョンが存在する. 普通の人たちは素朴集合論で問題なくやっているし,もしかしたら大半の数学的活動(ディ~プラ~ニングとか)は算術のアルゴリズムを内面化さえしちゃえばいいのかもしれない. 厳密に機械検証!!!!つってもSimple Type Theoryベースでやってもいいし(Isabelle),依存型ベースでもCoqもAgdaもちょっとずつ違う.NuPRLはComputational Type Theoryというこれまたよく分からないやつを使っている. これらもZFCとは異なるわけで,それなのに独立した「ザ・数学」なんてものが実在するのかなあというのが疑問なワケだ. 一方,実在論者たちはこの現象こそが実在論の擁護になると主張することもできる.曰く「様々な数学の形(定式化)があるのにも関わらず,それらが全て同じ数学であると認識できるのは,まさに数学が実在しているからだ. 種々の定式化はイデアに住む数学を人間に理解できる形で射影した影の形に過ぎないのだ」と.

生産性を発揮できない

自分の一日のスケジュールは以下の通り:

11時~12時 起きる
~13時 飯
13時~16時 「正」の時間
16時~20時 家事・(リングフィット)・風呂・飯
20時~22時 パソコンと向き合うけど特に何するでもない
22時~ 布団の中で動画見たり眠れね~~~ってなったりする
2時から4時くらいに就寝

13時からの「正」の時間ぐらいしかまともに動けないんだが,この時間に講義・ゼミが入るとそれだけで消耗しきってその日何もできなくなる.
今週は月曜日に風邪をひいてしまってただ横たわる時間も増えてしまったため,実質週1日30分しか研究ができなかった.
そりゃあ週1コミットじゃあ研究進まんよなあ.でもそれが焦りとか不安に繋がって悪いスパイラルに陥ってしまうのだ.悲しいね.

まともな生活を得てえ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

法律はGitというよりPijul

下の記事では法令の変遷をバージョン管理システム上で機械可読な形式で管理することを提案しています.
提案については賛成するのですが,技術的な点についてコメントをします.
note.com

リンク先の記事では法改正を行う法律は元の法律に対する差分として記述されている,ということを紹介しています.
その上で改正を行う法律のことをGitのコミットと同一視していますが,これは正確ではありません.
なぜならば,Gitのコミットはファイルの差分ではなくスナップショットとしてファイル全体を保存しているからです.
git cat-fileコマンドを使うとスナップショットを確認することができます(詳しくはGit公式の解説が良いです).
つまり,Gitのコミットは法律の改正が「溶け込んだ」後の現行法の条文を保存していると言えます.
git show等で差分が表示されるのはその時その時にスナップショット間の差分を計算しなおしているからです*1

一方,差分(パッチと呼びます)をコミットとして保存するバージョン管理システムはパッチベースであるといわれます.
パッチベースのバージョン管理システムとしてはDarcsやPijulが有名です.
これらのシステムにおいてリポジトリの状態(「ブランチ」)はパッチの集合として表現されます.
例えば,Gitで過去に適用したパッチを打ち消す場合はリバートコミットを現在のブランチの上に適用する必要があります.
反対にDarcsやPijulの場合,現在のブランチを表すパッチ集合からリバートしたいパッチを削除するだけで変更を指し戻せます.シンプルだとは思いませんか?

マージコンフリクトの取り扱いも考えてみると面白いでしょう.
Gitにおいてマージは複数のコミットを親とするマージコミットを作成することで行われます.
親コミットの変更がコンフリクトした場合は手でコンフリクトを解消するまでマージは完了せず,その他の処理を行うことはできません.
パッチベースなシステムの場合,マージは常に実行できます.なぜならば,ブランチのマージは単にパッチ集合の和をとるに過ぎないからです.
これはコンフリクトが発生しないということを意味するわけではありません.むしろ,コンフリクトが正常系として組み込まれているといえます.
コンフリクト検知が可能なエディタを用いれば,コンフリクト下においても編集を続けつつ適当なタイミングでコンフリクトを解消するということも難しくないでしょう.

現時点ではGitがバージョン管理システムの中でも独占的な地位を築いています.
ですが,天下もいつまでも続くとは限りません.そのとき台頭してくるのはパッチベースなバージョン管理システムかもしれませんね.

*1:実際,git showは差分アルゴリズムを変更することもできます